記事一覧

北海道より

ファイル 29-1.jpg

 北海道より、乳牛がやってきました。
極寒の中出発して、青函トンネル、陸路を南下、関東東海経由で
はるばるです。
 いつもお世話になる永楽運輸のドライバーさん、
大きな車体に乳牛乗せて、
急病や事故など不測の事態にも備えて
乳牛の様子を観察しながら運んでくれます。
 

搾乳機のメンテナンス

ファイル 28-1.jpg

 左から、ライナー、ミルクチューブ、エアーチューブ。
尾鷲牧場では 定期的に交換します。 
 見た目がどうもなくても、
チューブの内側に細かい亀裂ができてきて、
そこで雑菌が繁殖する可能性もあります。
 乳質の低下や乳房炎の原因にもなりかねません。
牛乳のためにも 乳牛のためにも
メンテナンスは欠かせません。

晴れた日に

ファイル 27-1.jpg

 柴犬 あいは おねえちゃんと海岸へお散歩
海をながめて、二人は何を思うのか・・・
 

新年あけましておめでとうございます

ファイル 26-1.jpg

 尾鷲牛乳からみた初日の出
2013年の元旦はとてもいいお天気です。
今年も今日の天気のように
穏やかないい一年になりますように。

クリスマス あいの変身

ファイル 25-1.jpg

 海に遊びにいきました。
落ちていたさんごがトナカイの角のよう。
あいの飼い主さんは、クリスマスらしく
あいを変身させました。
 

牛だけどサラブレッドなコテツ

ファイル 24-1.jpg

 わしわしと、乾草を食べるのは、
尾鷲牧場の唯一のオスである和牛のコテツ。
 
コテツの父は、和牛の中でもブランドの
銘牛 鹿児島の平重勝、
母方のおじいさんは 北国8の7号。
 肉牛の世界も、競走馬同様、
血統が最重視されます。
 えさを食い散らかしているお行儀の悪い
コテツも実は、おぼっちゃまだった!

新しい仲間

ファイル 23-1.jpgファイル 23-2.jpg

 柴犬の あい です。
8月産まれの女の子。
尾鷲牛乳に和歌山市からやってきました。
 10月半ばにやってきたときは、
まだまだ赤ちゃんで頼りなげだったのに、
今では、こんなにしっかりと大きくなりました。

 お散歩大好き、遊ぶの大好き
元気いっぱい いたずらも大好き

バトル

ファイル 22-1.jpg

 新入りのチーズが果敢にもカイトに挑戦!
がっぷり歩み寄るも あえなく敗退・・・
まだまだ 古参のお姉さまたちには勝てません。

食欲の秋、牛乳の秋

ファイル 21-1.jpg

 秋は、牛乳のおいしい季節。

 涼しくなると、乳牛も体力が増し、
体が牛乳を出すのにフル稼働。
牛乳の量も増加します。

 搾乳の際、1頭ずつ搾った牛乳が、ガラス製のミルクレシーバージャーに受けられます。これで1頭どれだけ出しているか
わかります。ひとりで満杯の35㍑出しているのは
おすわりのビッグガイです。

美body ハリーさん

ファイル 20-1.jpgファイル 20-2.jpg

 
 昨日、出産したこの牛はハリーさん。
乳牛として、ナイスバディ ^^
背中のラインもまっすぐ、
おなか周りも程よく、乳房も張りがある。
もちろん牛乳もたっぷり出します。

 ハリーさんの乳房 アップで見てみると、
こんなに太い血管が乳房を走っています。
牛乳は血液から造られます。
 おいしい牛乳は、健康な乳牛から!
健康状態のよさがハリーさんの体に
満ち溢れています。