記事一覧

いくぞ!ブラウンズ

ファイル 49-1.jpgファイル 49-2.jpg

 どっ、どっ、どっ・・・
ブラウンズ勢ぞろいでパーラー(搾乳室)に。
整然と並んで搾乳します。

木陰のあいちゃん

ファイル 48-1.jpgファイル 48-2.jpg

 柴犬 あいちゃん、夏ばて気味です。
ハウスのそばの植え込みがお気に入り。
硬いセメントの土台も枕になってます。

さよなら、コテツ

ファイル 47-1.jpg

 尾鷲牧場で、1週間ほど前、大きな事故がありました。
搾乳室に乳牛を入れ、息子が牛舎の掃除にかかった際、
残ったコテツが突然 暴走、突撃してきた。
 ふいをつかれて、逃げるすべもなくそのままひきずられ
もう少し遅ければ、取り返しのつかない事態になるところでした。田辺市の南和歌山医療センターに救急搬送されました。
 重傷を負ったものの、今は回復に向かっています。

コテツは事故の翌日、人の様子を伺い、すきあらば・・・
のような素振りも見せだしました。
群れのトップになるのは雄牛の本能だとしても、
人も牛も同じ群れだと勘違いして、
自分より強い人を倒そうとしては危険すぎます。

 コテツは 先日 家畜商に引き取られました。

だいすき~

ファイル 46-1.jpg

 お父さんに すりすり~

こんなに慣れていても、
この巨体、怪力は油断できません。

牧場の花 自生編

ファイル 45-1.jpg

 牛舎の裏山に自生するくちなし。
地味だけど、香りで主張しています。

げんきっ!! 2

ファイル 44-1.jpg

 カルチャーの子供、
この子も元気、
他の子に比べて、白っぽいのが特徴です。
 もう、親牛と離れて子牛牛舎にいます。

カルチャーも無事出産

ファイル 43-1.jpgファイル 43-2.jpg

 ほんとの生まれたて。見て、かなり、ぎょっとするかも。

親牛がていねいになめて、
こんなにきれいにかわいくなりました。

 一般的に ほとんどの牧場では
産後すぐに親子を離し、親はすぐに搾乳します。
乳牛は経済動物だから、
一番の目的は少しでも多く牛乳を得ること。

 でも、尾鷲牧場では、あえて産後24時間は親子いっしょにいて
初乳(産後すぐに出る牛乳、子牛に免疫力をつけ、
栄養価もとても高い)をじかにたっぷり飲ませます。
 親は子牛の世話をして、
この子がいるから、たとえ体の調子が悪くなってもっ!って
がんばる気力がわいてくるのです。
 結果、親牛の体力の回復も早く、牛乳の出も良くなるのです。
 少しでも、自然に近く、ストレスを少なくして、
乳牛の力をだしてやりたい。

 
 これも、尾鷲牧場の大きなこだわりです。


   

げんきっ!!

ファイル 42-1.jpg

 キャサリン親子。
生後一日目で、もうこんなにしっかり、
さすが草食獣。
 子牛を見守るキャサリンのやさしいまなざしに
愛情いっぱい。

おかあさんといっしょに 2

ファイル 41-1.jpgファイル 41-2.jpg

 キャサリンも無事出産しました。
生まれたてで、まだ体がぬれています。
キャサリンがていねいになめています。
 この子も、とってもかわいいですね、。

寄り添って

ファイル 40-1.jpg

 きょうの串本は、くもりで、蒸し暑くだるい一日、
牛たちもお休みタイム。
 バリチェロに寄り添って、ドンナ 爆睡中。
近くに寄っても起きません。
 眠りながら、鳴いてる。
牛も寝言を言うんだね。