記事一覧

ただいま改築中

ファイル 70-1.jpgファイル 70-2.jpg

 尾鷲牧場の牛舎はもともと開放的ですが、
よりよい住環境にするため
ただいま改築中です。
 

新入りです

ファイル 69-1.jpg

 三重県からやってきました。
8月生まれのオウガ。August オーガストから。
顔の模様が非対称なので
顔が曲がって見えます。
隣の三重県でも串本と比べたら、
かなり寒いのでしょう。
毛がぼさぼさです。
同じ年頃のカル子改めチャコと比べたら
差は歴然。
串本育ちのチャコは一度も冬毛に
なったことがありませんから。

バナナ大好き

ファイル 68-1.jpg

 「 BB バナナですよ」
お父さんが声をかけると、
すごい勢いで 寄ってきて
バナナ皮ごと がっつりいきます。
顔が曲がってるよ。

 これは3本目のバナナ。
体調不良もなんのその。

 皮だけでも食べるけど、
食べた後、実はどこ?って顔をします。

気分転換

ファイル 67-1.jpgファイル 67-2.jpg

体調不良の BB
運動して 内臓の動きを活発にするため
牛舎から散歩にでました。

 牧場は谷の入り口にあるので、
坂道を300メートルくらい
登ってきました。

 のんびり ゆったり 牛の歩み

大人になって

ファイル 66-1.jpg

 尾鷲牧場で生まれ、乳牛として成長したブラウンスイスの若牛
カル子。 カルチャーの第一子。
 今日、子牛牛舎から本牛舎に移動しました。
牛舎内を だだだっと無意味に走り回り、
ロープをくわえてひっぱたったり、
ほかの牛にちょっかいを出して、追い回されたり。

 広い牛舎が楽しくてたまらないようです。
 
 おなかがすいて、えさを食べようとすると....
うっ、食べ方がわからない
 
 スタンチョンから首を入れられない!

 でも大丈夫、すぐに覚えられるよ。

おイヌさま 逝く

ファイル 65-1.jpg

尾鷲牧場の最高齢の乳牛、おイヌ様が
突然 逝ってしまいました。

 いつものように牛舎で餌をたべていたとき、
急に崩れ落ちて、そのまま。

 いつも元気で最強のボスだった。
このまま いつまでも生きているのが当たり前のような気がしていたのに・・・

 18歳、16頭の子牛を産出し
尾鷲牧場に貢献してくれました。

 7月30日、
その日は 大阪市 天王寺動物園のアジアゾウ
春子も天国へ旅立った日。
春子も高齢の66歳、
たくさんの人々に笑顔を与えた人気ものでした。
 ながらく そこにいたものがいないのは本当にさみしいですね


 
 

風にたなびくイタリアンライグラス

ファイル 63-1.jpg

 牧場斜面の土止めも兼ねて栽培している
イタリアンライグラス。

 一面に生え、とてもきれいな景観です。
牛たちも大好物で、食欲不振の牛でも
喜んで食べます。

 ただ 高能力の乳牛には、栄養不足になってしまう恐れも。
好きなもの、おいしいものばかり食べられないのは
牛も人間も同じですね。

搾乳牛舎

ファイル 62-1.jpgファイル 62-2.jpg

 牛舎の中央が飼料置き場兼通路。
両側が搾乳牛の場所です。
両端がベッド。
乳牛は、柵から首を出して餌を食べます。

柵を牛のほうから見てみると。

牛が無理なくえさを食べられる高さに合わせています。
広くなった上部から首をさしこみ、
頭を下げると下部が広くなって、
えさを食べられる仕組み。

 新入りの牛は最初、びっくりしていますが、
すぐに覚えます。

 間隔も隣同士で干渉しあわないようになっています。

牛舎の奥に明るく白く見えるのは、海です。

私の仔~

ファイル 61-1.jpgファイル 61-2.jpg

 尾鷲牧場の牛舎は、一般の搾乳牛スペースと
乾乳牛スペース
(もうじき出産なので搾乳は止めて休養中)
産室 (出産前後数日間入る) があります。
 
 仔牛を見たら、
自分の子供と勘違いしてしまうビッグガイ。

 特に仔牛に執着するタイプのようです。

隣の産室では、ハッピーの子供が産まれたばかり。

ビッグガイは、仕切りの柵から身を乗り出さんばかりにして、
仔牛を見つめ、親が仔牛を呼ぶ独特の声を投げかけます。

私の名は・・・

ファイル 60-1.jpg

 去年三重県から来た 白がちのホルスタイン。
白地に黒の斑点がところどころにあるくらい。
ほかの牛に比べたら、ぶさいくなので、
名前は ぶっさ。

 ぶっさは、なかなか優秀。
乳量もトップクラス。